pso20150312_175933_019
チャレンジクエストが実装して共通シップが実装されました!
でも共通シップは仕様上、アークスカードやシンボルアート(SA)まで再登録しないといけないしかなり面倒…

そこで簡単に移行させる方法をご紹介!

登録されているシンボルアートを確認

まずはゲーム内でシンボルアート一覧を見てみましょう!
1~40まで全部必ず見てください!

シンボルアートを登録していない人は登録しましょう!

各シンボルアートに『スロット01』や『スロット02』と番号が記載されているので、
個別で移行させたいものがあれば番号を覚えておくといいです。

フォルダをチェック

デスクトップ画面に戻り、『スタート』→『マイドキュメント』→『SEGA』→『PHANTASYSTARONLINE2』→『symbolarts』
の順でフォルダを移動していくと、画面下記のように3つのフォルダが現れます。

『cache』『import』『user』が確認できたでしょうか?
今回は『cache』には触れませんが、このフォルダの中にはシンボルアートの履歴データが入っています。
sa_2

『user』フォルダとは?

user(ユーザー)フォルダには、登録されているシンボルアートのファイルが格納されています。
あくまでバックアップ用としてSEGAが用意しているので、削除しても勝手に生成されるので、

ゲームが起動しなくなった!?なんてことは無いと思います。

ちなみにuserフォルダの中を見てみると複数のフォルダがある方と無い方がいると思います。
sa_3

これは保有キャラ分のシンボルアートが各フォルダに管理されています。

実際にどれかクリックすると… 『stock(数字).sar』というファイルが登録している分だけ確認出来ます。
※拡張子を表示させてない人はstock1 stock2… と表示されます。

シンボルアートを登録してるのにそんなのないんだけど!?っていう方は
一番最初の手順をよく見てください!

上記のフォルダをクリックするとシンボルアートのデータが出てきます。
sa_4

ちなみにどのフォルダがどのキャラのシンボルアートなのかまでは確認出来ません…!
なのでシンボルアートを40個登録していれば、同じ数だけあるのでそれを判断材料にしたりしましょう!

stock0やstock1のように番号が付いているのは登録しているシンボルアートの(スロット番号-1)と同じなので、
何のシンボルアートなのかゲーム内で確認できます。

スロット01の場合は『stock0』がそのファイルになります。

『import』フォルダとは?

import(インポート)フォルダの中に、先ほどのシンボルアートをコピペ!

こうすることでゲーム内にお気に入りのシンボルアートをいつでも呼び出せるようになります。

その次にゲーム内でシンボルアート画面を開き、メニューから『インポート』を選びます。
pso20150312_175853_007

インポートをクリックします
pso20150312_175856_008

するとあら不思議!シンボルアートが呼び出せました!
あれ?上下のシンボルアートがちょっと違う…?

こうなった場合はデータが古いままになっています。シンボルアートのファイルだけ削除して、
シンボルアート一覧を表示させて『次へ』ボタンを押して登録してある分だけ全部読み込ませてあげてください。

読み込んだ分だけ勝手に自動生成されていきます。
pso20150312_175933_009

共通シップに移動して登録作業

ここまで出来たら早速移動しましょう!

この時、共通シップに移動するとUserフォルダにあったシンボルアートのファイル)が
共通シップのシンボルアートで上書きされてしまうので注意!
※元々共通シップに登録していないのであれば何も起こりません。

共通シップからホームシップに逆輸入したいなぁ~っていう時は気をつけよう!
自分で見て分かりやすいようにimportフィルダに突っ込んだファイルの名前を書き換えても問題ないです。

コメントする

▼スパム防止のため答えを入力してください▼ *